何が違うの?第二種運転免許と第一種運転免許の違いピックアップ

それぞれの免許でどんな仕事に就けるの?

どんな仕事に就けるの?

免許によって就ける業種が限られてしまうのですが、第一種運転免許・第二種運転免許によってどのくらいの差が出ているのか調べてみました。
まず第一種運転免許しか持っていない場合ルーと配送ドライバーになる事が出来ます。この仕事は特定の企業や取引先に荷物を届ける仕事です。決まった場所にしか配送出来ないのがネックです。
介護タクシードライバーに就く事も出来ますが介護タクシーに関しては介護職員初任者研修を取得している事が条件です。
続いては第二種運転免許を取得すると就ける仕事は、不特定多数のお客様や荷物を運ぶタクシードライバーや運転代行です。
路線バスや大型バス、マイクロバスは大型二種が必要になりますので、第二種運転免許だけではNGです。

注意点もある?

免許を取得すると仕事の幅が広がりますし、キャリアアップにも有効です。都心では交通機関が発達しているので取得していない方もいますが、地方の場合は第一種運転免許が無いと仕事にありつけないというケースもあります。
またどちらの免許も幅広い知識が必要ですので、取得をする際はコツコツと勉強する必要があります。仮に自動車学校の契約期間が過ぎてしまった場合は、超過費用が発生しますが延長も可能ですので仕事をしながら取得を目指している方は相談するのも良いでしょう。
車の運転というのは便利な反面事故の危険性もありますので、免許を取得したからといって自動車学校で学んだ事を忘れるのではなく常日頃から意識してゴールドドライバーを目指して下さい。


この記事をシェアする