何が違うの?第二種運転免許と第一種運転免許の違いピックアップ

第二種運転免許はこんな免許

第二種運転免許ってどんな免許?

第一種運転免許は、日本の公道を運転する為に必要な免許でしたが第二種運転免許はどの様な特徴があるのでしょうか。
第一種運転免許と比べても重量に違いもありません。しかしこの免許がないと自動車を使って旅客運送が出来ません。
旅客運送と言うのは、乗り物を使って人や荷物を運ぶ事を指します。運輸業の一種ですので「人や荷物を運ぶプロ」と証明される免許でもあります。
ちなみに第一種運転免許しか持っていない場合は、人や荷物を運ぶのは問題ありませんが知人や家族といった、繋がりのある人やそれに関連する荷物のみです。
また金銭を請求するのは厳禁となりますので、あくまでもボランティアで運んでいるというスタンスになるので注意が必要です。

取得の条件とは

第一種運転免許は18歳以上であり、技能・座学研修のルールをクリアしている人間であれば、誰でも取得出来ます。第二種運転免許に関しては、旅客運送が出来るので第一種よりもやや取得までのハードルが高いのが特徴です。
まず21歳以上であり、第一種免許を取得して3年経過している必要があります。18歳で第一種を取得しても、その後免許取り消しや停止処分があった場合は、その期間を除いて3年となります。
そして視力が片眼で0.5以上、両眼合わせて0.8以上且つ深視力検査の誤差が2cm以下、色彩識別能力に問題がない事が条件です。第三者を載せたり、荷物の配送をしたりするので、多くの条件が必要になります。
試験に関しても合格点が高く、難易度が高くなっています。


この記事をシェアする