何が違うの?第二種運転免許と第一種運転免許の違いピックアップ

知っていますか?免許の種類

どんな免許なのか

第一種運転免許と言うとあまりピンとこない方もいると思いますが、この免許は日本の公道で自動車や原付を運転する為に必要な免許です。簡単に言うと「普通免許」と同じものです。
実際は9つ程の免許に分かれており、取得の際は各種試験や受講が必要です。
免許の種類によって運転出来る車種や重量が異なり、2017年3月に道路交通法改正によって新たに「準中型免許」が出来ました。
この免許があれば移動に困る事はありませんし、金銭の受け渡しがなければ送迎や配送も可能です。プライベートでしか運転をしないという方は第一種運転免許のみで、問題はありません。
仕事やプライベートでどれだけ乗る必要性があるかを検討した上で免許を選ぶと良いでしょう。

取得までの期間や方法について

自動車を運転する為に必要なのは知識だけではなく、技能も必要です。その為1~2日練習したから取得出来る訳ではなく早くても1ヶ月程度必要です。
国が定めている自動車学校へ通い、取得に必要な座学や技能を行います。仮免許までに技能教習がAT車は12時間、MT車は15時間、座学研修は2~10教程必要です。仮免許に合格した後は本免許となり技能教習が19時間、座学研修が11~26時間必要です。
自動車学校の期限は入校日から1年となり、その間自分のペースで通えるので社会人でも問題ありません。
自動車学校の中には合宿所を設け、短期間で第一種運転免許が取得出来る様なカリキュラムを提供しているところもあります。おおよその費用は20~30万円程度です。


この記事をシェアする